同窓会について

役員紹介

桑原会長写真

郡山情報ビジネス公務員専門学校

同窓会会長 桑原 一徳

平成30年度 郡山情報ビジネス公務員専門学校同窓会役員

会 長 桑原 一徳(平成元年度卒)
副会長 近藤 一弘(平成13年度卒)
副会長 鈴石 ひとみ(平成14年度卒)
事務局長 遠藤 紀子(平成21年度卒)
会 計 尾形 淳(平成14年度卒)
監査役 岩崎 剛士(平成9年度卒)

 

同窓会会則

郡山情報ビジネス公務員専門学校同窓会会則

ー 第1章 総 則 ー
[第1条] 本会は、「郡山情報ビジネス公務員専門学校同窓会」と称し、本部を郡山情報ビジネス公務員専門学校内に置く。
[第2条] 本会は、郡山情報ビジネス公務員専門学校の卒業(修了)生および関係教職員をもって組織する。
[第3条] 本会は、各種事業により会員相互の親睦・支援を図るとともに、母校の発展に寄与する。

ー 第2章 事 業 ー
[第4条] 本会は、目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. 会員の親睦・支援に関する事項
  2. 母校発展に向けての支援に関する事項
  3. その他、本会目的達成に必要な事項

ー 第3章 役 員 ー
[第5条] 本会は、次の役員を置く。

  1. ①会長:1名 ②副会長:2名 ③事務局長:1名 ④会計:1名
  2. 役員の任期は3年とし、再任は妨げない。

[第6条] 会長・副会長は、役員会により選出され、同窓会総会にて決定する。

  1. 会長は、本会を代表し、会務を総括する。会長は、本会の年間活動方針を作成し、役員会にてその承認を諮る。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長不在時にはこれを代理する。
    会長は、FSGカレッジリーグで組織する同窓会連合会の役員を兼任する。

[第7条] 事務局長は、役員会により選出され、同窓会総会にて決定する。

  1. 事務局長は、本会の年間活動計画・予算案を作成し、役員会にてその承認を諮り実施するとともに、役員会にて活動結果報告を行う。
  2. 本会の事業が円滑に遂行されるよう管理監督するとともに、不測の事態が発生した場合は、会長・副会長とともにその解決にあたる。

[第8条] 会計は、役員会により選出され、同窓会総会にて決定する。

  1. 会計は、決定された事業計画の遂行にあたり必要な現金の出納とその証票管理ならびに財務管理を行う。
  2. 会計は、役員会にて会計年度に準拠した会計報告を行う。
  3. 会計は、事務局長を補佐し、事務局長不在時にはこれを代理する。

ー 第4章 委 員 ・ 顧 問 ー
[第9条] 本会は、次の委員・顧問を置く。

  1. ①同窓会委員 ②顧問:1名
  2. 同窓会委員は、卒業時に各クラスより選出し、事務局長の業務遂行の補佐にあたる。
  3. 顧問は、本会の運営に関し会長の諮問に応じ、助言する。

ー 第5章 会 議 ・ 決 議 ー
[第10条]  本会の会議ならびに決議は、次のとおりとする。

  1. 同窓会総会
  2. 同窓会委員会
  3. 役員会

[第11条]

  1. 同窓会総会は、役員会で必要と認めたときは会長の招集により行い、本会の最高決議機関として、役員構成・規約改正等本会の基幹的事項を承認・決定する。
  2. 構成員は、同窓会役員ならびに同窓会委員・同窓会会員とし、決議は出席者の3分の2以上の賛成をもって可決とする。

[第12条]  役員会は、会長の招集により行い、事業計画・予算・決算・役員構成・規約改正等本会の基幹事項とその運営について協議・承認・決定する。

  1. 定例会は所定の時期に、臨時会は会長が必要と認めた場合に開催する。
  2. 構成員は、同窓会役員とし、決議は役員の3分の2以上の賛成をもって可決とする。
  3. 出席者よりの発議がある場合は、併せて協議する。

[第13条]  同窓会委員会は、その必要により事務局長の招集により行い、役員会にて決定した会の事業推進について協議・実施する。

  1. 同窓会委員会での協議・決議事項については、事務局長は会長に報告する。
  2. 構成員は、同窓会委員とし、決議は出席者の3分の2以上の賛成をもって可決とする。
  3. 出席者よりの発議がある場合は、併せて協議する。

ー 第6章 会 計 ー
[第14条]  本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
[第15条]  本会の運営費は、会費・寄付金その他をもってこれに充てる。

  1. 卒業生は、卒業年度に会費を納めなければならない。
  2. 会費は、10,000円とする。
  3. 会費の10%を上限とし同窓会連合会へ業務委託費を納入する。
  4. 会費徴収事務は、郡山情報ビジネス公務員専門学校に委託する。

ー 第7章 会 則 ー
[第16条]  本会の会則は、昭和62年4月1日より施行し、改正は、同窓会総会にて行う。

ー  附 則 ー

  1. 本改正会則は、平成05年08月28日より施行する。
  2. 本改正会則は、平成07年01月15日より施行する。
  3. 本改正会則は、平成08年05年26日より施行する。
  4. 本改正会則は、平成09年05年11日より施行する。
  5. 本改正会則は、平成13年07月01日より施行する。
  6. 本改正会則は、平成15年04月01日より施行する。
  7. 本改正会則は、平成16年11月01日より施行する。
  8. 本改正会則は、平成17年06月11日より施行する。
  9. 本改正会則は、平成19年04月01日より施行する。
  10. 本改正会則は、平成25年04月01日より施行する。
  11. 本改正会則は、平成28年04月01日より施行する。
以 上

 

登録情報(住所変更等)のご連絡

ご結婚・転居等により、同窓会にご登録いただいている情報に変更がある場合には同窓会事務局へお知らせください。お問い合わせフォームからもご連絡頂けます。

 

年間スケジュール

4月:同窓会役員会
5月:会計監査
6月:同窓会役員会
6月:同窓会総会 案内文発送
7月:同窓会総会
7月:同窓会役員会
8月:同窓会会報発送
8月:講演会開催
10月:同窓会役員会
1月 同窓会役員会

 

キャリアアップ支援規則

同窓生の方々の更なるスキルアップを応援するため、
キャリアアップ支援規則を行っております。国家資格や認定資格の取得、技能習得に対して補助金を給付し、皆さんの飛躍を支援しようとするものです。
同窓生の方は同窓会が指定している講座の修了書と領収書を事務局に提示していただくと、受講料の30%(上限10万円)を同窓会が負担致します。
資格や技能を修得しようとお考えの方はぜひご活用下さい。

careerup1careerup2